Archive for the '保険関連' Category

利用しやすい学資保険とは

Yazan: admin | 16 3月 2015 | No Comments
Categories: 保険関連

子供が大学まで進学することになると、多くの教育資金が必要となります。特に子供進学においては多額の資金がかかるようになるため、子どもにとって安心できる十分な資金づくりを行なうべきとされています。 子供の教育資金づくりでは学資保険がよいとされています。この保険は、保険会社と契約して満期になると保険金を受け取るといったことになります。 学資保険の中には全国どこの郵便局でも利用できるかんぽ保険の学資保険もあります。この保険では、進学を考える人にとって身近で利用しやすい保険とされ、契約者が死亡しても保険金が受け取れる特例もあるので重宝されているようです。 この場合、保険料の払込は免除となり、満期には予定どおりに保険金を受け取ることができるとされています。ただし、保険金額は、500万円までなので、大学の進学や私立高校などの進学を希望する場合には、もう少し限度額が高い保険金に加入する必要があるかもしれません。 また、かんぽ生命では、万一のことがあったときにも、安心できる「新学資保険」に育英年金保障を追加したプランを設けています。これにより、子供の進学においても安心が得られるとして全国では人気が上昇しているようです。

公的年金の支えとなる年金制度

Yazan: admin | 12 1月 2015 | No Comments
Categories: 保険関連

皆さんは401kというものをご存知ですか?知らない人にとってはさっぱり何のことかわからないかと思います。この401kというのは、日本で言うところの確定拠出年金のことをいいます。何故こんな変わった名前で呼ばれているのかというと、このシステムが元々アメリカでは内国歳入法401条k項を根拠法として運用されてきた、というのが理由となっています。日本でも導入された確定拠出年金はこのアメリカにおける401kを輸入した形となっています。 しかし、導入されてからまだそれほど時間が経っていないためか、あるいはそのシステムが日本人にそれまでマッチしていないためか、あまり利用が広がっていないいという現状があります。そこでここでは、この401k、つまり確定拠出年金について簡単に紹介していきたいと思います。 この年金制度というのは、公的年金に取って代わるものではなく、あくまでも公的年金とは別に積立てていくことを目的としています。そもそも確定拠出年金は加入条件として公的年金への加入を掲げているため、こちらを使うので公的年金は支払わない、というようなことは出来ないために注意が必要です。いわゆる個人年金保険の方が形としては近いでしょう。

人間はいつか必ず死ぬからこそ

Yazan: admin | 22 10月 2014 | No Comments
Categories: 保険関連

生命保険の歴史において、一つの分岐点となったのが終身保険の登場であると言えます。終身保険が誕生した背景には、生命保険の構造的な問題点というものが存在していした。 生命保険はそもそも、保険対象者が死亡した際に保険金が支払われるというシステムのものをいいます。つまり、死亡者本人ではなく、残される人達に向けた保険である、というのが基本的な理念であるということです。しかしながら、かつての生命保険というのは契約期間というものが存在していました。 そのため、対象者が死亡する前に契約期間が切れてしまうと、肝心の死亡時の保険金というものが受け取れなくなってしまう、という状態になっていたということです。健康保険などのタイプであればこれでも良いですが、生命保険というシステムを考えるとこれでは無意味になってしまいます。 とはいっても、人は誰もが必ず死ぬものである、ということを考えると、保険会社としてもすべてに支払いを行なわなければならなくなる終身保険というのの導入には慎重な向きがありました。しかし、預かった保険料を資産運用することによって増やすという手段が取られる用になってからは、必ず支払わなければならない生命保険でも採算を採れるようになりました。